気温に、街路樹の葉の色に、夜空を美しく見せる空気の透明さに、すでに冬が忍び込んできております。皆さん、いかがお過ごしですか?スポーツの秋なんていわれますが、加圧トレーニング、ナイキプラス、皇居ランニング、有酸素マシン、トレイルラン、自転車通勤、東京マラソン、フットサルを代表とする社会人スポーツ、近年における大手企業の社会貢献活動の盛り上がりによるスポーツ支援活動の推進、ビリーズブートキャンプの後を追うようにして次々と登場したコアリズムを代表とするダンスエクササイズ用DVDソフト、その他運動および「体を動かすこと」に関する一切の事象に興味のない一文科系男子の僕は、まあ本を読んだり、音楽を聴いたり、せいぜいアクティブなことって酒を飲むぐらいですか。

さて、流れもクソもないですが、近況報告でもしてみます。夏から勤めだした会社は全6人の小さな会社ですが、赤坂の東京タワーの見えるマンションに一室を借りて営んでいるという自分らしからぬこじゃれた感じで、仕事はすべて○○や△△△と直で行っており、大企業のHPの読み物ページだとか、割といい仕事をしてます。運良くいい感じのとこにもぐりこみました。グルメな会社で、夜は毎日理事長のつくるまかないがでます。平気でポルチーニのパスタとか、栗ごはんとか、和洋中の鍋3点セットとか出たりします。「俺、サイゼリアとか富士そばとか平気で普段食ってるけど、いいの?いいの?」っていう気持ちで毎日食べてます。うんちくなんて言えませんが、とりあえずいっぱい食べるので喜んでくれています。出張も多い会社で、島根や伊勢なんかに行ったりなんかしました。伊勢はよかったです。今月末には社員旅行で福井と金沢に行きます。出張の夜はのどぐろとかアマダイとか、現地の高級魚をたらふく食べさせてもらい、宿は温泉付きの隠れ家的旅館みたいなところに泊まったりします。

いままでグルメとか、温泉とか、旅行とか、自分の中になかったカルチャー(むしろそんなことを語る男をうぜえと心の中で呪っていた)だったのですが、そんなこんなで、最近はそんな大人ーなんも楽しいなって思うようになりました。

まあ、もともと田舎出の中流なんで、どこか他人事っていうところもなきにしもあらず。なんかそういうのはそういうのでいいけど、いい暮らししだすと作品がつまんなくなるようなミュージシャンや作家やもろもろが世の中たくさんいるわけで(藤子Aとか電気みたいな)・・・、あーゆー風にはならんように気をつけようとは常々思っております。。最近、NYで留学していたという年の近い女の子と知り合って彼氏とかも紹介してもらったりわりと仲良くしているのですが、見た目はノホホンとした感じなのに「NYにいるときは、吸えるもの、食えるもの、ありとあらゆるドラッグをやった」と話していて、「負けちゃいらんねー」と思いました。、大人らしくレイドバックな楽しみなんかを覚えつつも、毒とかそういうの、ずーっと持ち続けててーなーって、そんなことを割と満たされちゃってる平穏な日常の中で、妙によく考えたりします。

| | コメント (44) | トラックバック (0)

憤りAVの旅1「Smoking Girls」

それってどうなんだ?
どうしろっていうんだ?
仕事や恋愛、はたまた家族関係や友人関係などで納得いかない行動をされ、
憤りを感じることが誰しもあると思います。
AVも然り。
誰が買うんだ?
誰が観るんだ?
誰が買って、そして観るんだ?
そんな風に憤りを感じるAVが世の中には多々あります。
その類の「どうしろっていうんだ?」的AVを総称して
「憤りAV」と呼び、今後ファイリングしていきたいと思います。

第一回目はこの「Smoking Girls」。
いろんな女優が乳も出さずに「タバコを吸うだけ」というオムニバス。
アート?
アートなの?
もはやまかり間違って恵比寿あたりのインテリが喜びそうです。
僕も「ネタ」に関しては「来るもの拒まず」的な
男らしいような男らしくないような部分があり(ネタに関してのみね)
どんな新人、どんな企画物でも一度はとりあえず観ることにしていますが、
やはり限界ってものがあります。
自分も生身の人間なんだなと思いました。
まだまだ僕の性の世界における勉強が足りないのか、
メーカーが完全に方向性を見失ってるのかの、まあ、どちらかだと思います。
PR文を抜粋すると、

「ほんの少しでもそこにエロの灯火が存在するならば、
陰日向になり一途に追求していくフェチレーベルTMAfの第2弾」

とありますが、灯火、すこしすぎだろう?
あとこのライターは劇団ひとりの「陰日向に咲く」が単純に好きな気がしてなりません。
次回は未定です。
http://www.tma.co.jp/page_top/shop/index.asp?prod_id=2800

Tmtmaf002_2

余談ですが、この間神保町をぶらぶらしていたら、オナホールのUFOキャッチャーがあるゲーセンを見つけました。やりませんでしたけど。

15367215_3914313058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花より男子」戦記

「花より男子」、どう思いますか?
「はなよりだんご」なんだか、「はなよりだんし」なんだか、
べつにどっちでもいいし、べつにわかりたくもありませんが、
「花より男子」とモテナイ男子(花ない男子)との戦いは、
それはもう長ーーーい歴史になるわけです。
僕が十代の頃よりベストセラーとしてクラスの女子を洗脳、
当時、ボーイッシュなキャラでモテナイ男子の10割が憧れたアイドル、
内田有紀ちゃんを男好きのベタな女子高生にしたてあげたのでは飽き足らず、
(ちなみに実際の有紀ちゃんはめちゃくちゃ暗いらしい)
つい最近、ジャニーズ総出演のキャスティングによりドラマ化して大ヒット、
「リターンズ」だとかほざいて続編まで作り、再度映画化、
ひいては台湾で『流星花園~花より男子』として海外ドラマ化され
その劇中で出てくるイケメングループ「F4」が
アイドルとして中国全土で空前の大人気に・・・。
日本発の悪性ウィルス「花より男子」は、いま世界へ蔓延しようとしています。

ところで、問題はこの「F4」です。
むかつきを通り越して、面白くなる言葉って多々ありますが、
僕の中ではこの「F4」がそのひとつです。
「F4」って。
ふざけてんのか?
なめてんのか?
ふざけてんのか、なめてんのか、どっちだ?
高校の超ブルジョワの美少年4人組のことなのですが、
詳細を先ほどWikipediaで調べみたら、
“花の四人組”で「Flower 4」だから「F4」なんだとか。
「花より男子」なのに
花=男子だと、男子より男子ってなって、意味が破綻してるだろう?
ええ、作者?
こちとら、RF(Rotton Flower/腐った花)で十分だっつーんだよ。

F4も、それに真顔で食いつくF1層のセンスも、もううんざりです。
というわけで、今日からゲイになろうとおもいます。
皆さんよろしくおねがいいたします。
痛いのはいやだけどがまんします。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカイン記念日

みなさんいかがおすごしでしょうか。
楽しいことはしてますか?
皆さんの何かのご参考になればと、
私の脳内にある、「やったことがなくてやってみたいことメモ」をまとめてみました。
ぜひどうぞ。(★は「やってみたい指数」)

★ゲロゲロ喫茶店めぐり(in 谷中)
「喫茶店好き」というとおしゃれさんみたいですごくイヤですが、
先日神保町で悪ノリしてレトロ系喫茶店を3軒ハシゴしたところ、
イケてる感と、ゲボゲボになりながら無理して回ってる感のミックスが妙に心地よく、
遊びのバリエーションのひとつとしてアリな気がしました。
今度は、レトロ喫茶の多く残るといわれる谷中でやってみたいと思います。
中央線の荻窪、高円寺、阿佐ヶ谷あたりも多いようですが、
微妙に1軒ずつ行ったことがあるので、なんか別にもういいです。
ここは1軒も行ったことのない谷中でしょう。男(オム)なら。
一日かけて意地で10軒まわるのもいいかもしれません。
または血ゲロ吐くまで。

★★女の子と国内旅行(または家族以外と温泉)
いままで周りの「自称旅行好き」の人間がくだらない奴らばっかりだったので、
そのせいで死んでも国内旅行なんていってやるかと思っていましたし、
彼女がいたときも、行きたいと懇願する彼女に
「死んでも行きたくない」と意固地になって断っていましたが、
最近になって180度考えが変わりました。単純なもんですね。
当時の彼女にはいまさら謝りようもありませんが、国内旅行行きたい!
ふりかえってみたら、遠距離恋愛の彼女と合流して、とか
バスに乗って泊まりでライブイベントに行ったことはありましたが、
「国内旅行」した感覚が自分にないのは、
やはり「いっしょに移動」と「観光」が両立してこそだからな気がします。あとできれば「温泉」。
温泉は家族以外と行ったことがありません。これもしたい。
この話を自虐ネタとしていう度に相手に無言になられるのはなぜだかわかりません。
あと夜はできればセックスがしたいです。
フェラチオしてくれる子がいいですね。

★★★★★コカイン
タイトルの通り、じつに今日、思い立ったこと。
最近コカイン関連の文章を読むことがやけに多く、
今日も辺境ドキュメンタリー作家・高野秀行さんの本を読んでいて
中国の奥地で胎盤を食べた話や、
伝説の麻薬「ヤヘイ」を体験するために内戦真っ只中のコロンビアへ行く話や、
コカインの売人ともめて大量のコカインの袋を投げられ、
体中に「コカインシャワー」を浴びた話など興味深かったのですが、
ここでもそのコカインを体験する記述がまたおもしろく、
なんだか本気でやりたくなってきました。
この間も、股間にコカインを擦り付けてするセックスが気持ちいいらしいから
してみたいなんていう話を、あくまでも冗談で友人に話していたのですが、
それもなんか割とマジでしてみたくなりました。
コカの売人を知っている方いましたら、ぜひコメントください!
あと安めでおねがいします。

最近変に思いつめてたりしましたが、
昨日のクリカンのノリノリっぷりといい、どうもフっきれたようです。
あとはつっぱしるのみ(みんなと違う方向に)。
まー、勝手にやらせてもらいます。

Drug_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kurikan-System(クリカンシステム)

ルパンの声優(山田康雄)さんが死んだ後、
ルパンの物まねを得意としていたクリカンがその後釜に座ったのは
有名な話ですが、当時、合理的だと思ったのを覚えています。
このおかげで、毎夜新宿三丁目の「ルパンカフェ」に集うルパンファンたちは
ルパンの映画を見続けることができるわけです。
またルパンほど知られてませんが、2003年には急逝した名古屋章にかわって
『ひょっこりひょうたん島』のドン・ガバチョの声も担当しています。
ルパン、ガバチョ・・・
何か悪い兆候に気づきませんか?
まだわからないのですか?
クリカンは世界を乗っ取ろうとしているのです。

いまは京大で教鞭をふるっている悪友に意見を聞いてみたところ、
「馬鹿な。いまのペースでいくとクリカンが死ぬまでに
多くてあと3、4人だろう」と、
ルパン-ガバチョ間のインターバル期間を指していいます。
しかし、2つの点が結ぶ線は、つねに直線だとは限りません。
私は、反比例のグラフのように、
クリカンが60代を迎えたあたりから加速度的に増えていくと考えます。
十八番のアニメネタ「目玉のおやじ」を皮切りに、今度はアニメから歌手へ。
得意ネタのひとつである桑田佳祐を事故死とみせかけて暗殺。
後釜としてサザンのボーカルになったあとは、
五木ひろし、森進一、細川たかしなどの演歌歌手を殺(け)し、
紅白歌合戦を乗っ取ります。
これはほんの序章に過ぎません。

ゆくゆくは両親が、親友が、彼女が、
いつの間にかクリカンになっている世の中がきます。

あなたはクリカンとしらずに、クリカンを抱くのでしょう。
クリカンとしらずに、乳首を円に沿って舐めてみたり、
クンニリングス中、舐める間にタイミングよくキスをまぜるなどの
性技を繰り出します。
するとクリカンは「おかしくなっちゃいそう」と
いつも完全に演技していた彼女を完全に演技します。
あなたはクリカンと知らずに、彼女を抱き続けます。
タンスが、イスが、アリが、微生物が、
すべての緑が、風が、火が、生の意味が、すべてクリカンに・・・。

もしかしたらもう俺以外はクリカンなのかもしれない。
いや、本当は俺も・・・

私たちが本当に恐れるべきは、後進国による核の保有でもなければ
原油高騰をひきおこす身勝手な投機家たちでもありません。
さあ、いまこそ立ち上がるべきときなのだ!!

はい、やりすぎました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F(ファンキー)

藤子不二雄Aの代表作といえばもちろん「オヤジ坊太郎」ですが、
藤子F(ファンキー)不二雄の代表作といえばやはり「ドラえもん」。
今日カレー屋に行ったとき、
棚にあった「ドラえもん 恋愛編」をなにげなく手にとってみたのですが、
ナメてました!F(ファンキー)を。
出来杉としずかちゃんがいちゃいちゃしてる
(ように見える)のを目撃して「世界の終わりだ!」とうな垂れるのび太。
先生から「ろくなおとなになれない」と言われ、
(考えすぎて)しずかちゃんに嫌われようとするのび太。
そんなもはやなんとも形容しづらいぐらいにどうしようもないのび太を
やさしく、そしてときには厳しく、想いやるしずかちゃん。
すんでのところでカレー屋で泣きそうになりました。
カレー屋で泣いてる無職って、まあ、ありえないですからね。
ブックオフで見かけたらぜひ。
ちなみに「感動編」も前読んだのですが、おすすめです。
(おばあちゃんネタがアツい)

F

「untitled.avi」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザンもオレも30周年

自分の中では割と大きな出来事で、
いつか誰かにきちんと話したいのに、
なぜかうまく人に話せずにずっといる話ってありませんか?
30歳の自分のボキャブラリーをフル活動させて、
その最たる物を、がんばって書いてみようとおもいます。
あとで後悔して消すかもしれませんが、とりあえず。

小学生のころから大好きだったサザンをまた聴くようになって、
近頃よく思い出す高校の同級生のO君の話です。

僕のいたのは、たいして頭のよくない学校の、まあまあ頭のいい「特進科」。
全3クラスで、110人ちょっとでした。

O君は、クラブ文化、ファッション、ダンス・・・当時の先端カルチャーに精通していた
モテるグループのカリスマでありました。
東京の若者ならそっち系の人間とつるめば、
人脈や情報なども集めるのは容易でしょうが、
実家が猪の出る山奥の過疎地域であるO君がゼロからすべてやったというのは、
彼なりの大変な勉強があったはずです。(これ、ポイントです。)

僕は授業中に手を挙げてギャグを言ったりするお調子者で、
カラオケが好きだったのでいろんな奴を誘って行ったりしてる内に
モテないグループのカリスマになっていました。

群がってくる取り巻き連中をどこか醒めた目で見ているO君と、
揃いも揃って公務員を目指している周りをどこか相容れないものを感じていた僕。
周囲から浮いていた僕らは、いつしか仲良くなっていました。

お互いの家に遊びに泊まって過ごし、
O君は僕にスチャダラパーやキミドリなどのJラップ、
また本国のヒップホップなどを教えてくれ、
僕は小沢健二やフリッパーズギター、テイトーワなどを教えました。

そして二人ともサザンが大好きでした。
「“東京サリーちゃん”が最近好きなんだよね」
「オーディションのときに歌ったのが“女呼んでブギ”らしいよ。スゲエよね」
「“あっという間のTonight”の歌詞、ヤバいよね」
「この間のライブで、桑田が突然ラップやりだしたらしくてさ」
「(“奇跡の地球”発売当時)ミスチルとサザンのファンが買うんだから、売り上げ相当でしょ」
やる気のない授業ではブレザーの袖からイヤホンを通し、
頬杖をつく形で「サザン」を聴くモテるグループのカリスマ。
どこか醒めた風なカリスマは、サザンの話をするときはいつも目を輝かせました。

「孤独の太陽」発売時は授業中に紙を回しあって感想を言い合い、
「あなただけを ~Summer Heartbreak~」が
桑田佳祐のラジオ番組「やさしい夜遊び」ではじめてかかった翌日には
掃除の時間に二人でサボって空いている教室に行き、
イヤホンを方耳ずつ付け、録音テープを二人で興奮して聴きました。

しかし、僕には自信がありませんでした。
いまはないなりにも当時よりかは幾分かマシですが、
当時は本当にありませんでした。
自信のなさが高じて、僕と仲良くしてくれるO君を「気持ち悪い」とさえ心のどこかで感じていました。
「なんで俺なんかと」
「ウソくさい」
「裏があるんじゃないか」
やがて違和感は「疑い」に変わり、
ある日「俺を利用してるんだろう」とわけのわからない怒りをO君にぶつけ、
僕らの仲は終わりました。

クソみたいな田舎、保守的な大人たち、
「何かが足りない」とさえ考えない寝ぼけ眼の人間たち。
分野はズレつつも同じものと戦っていた僕ら。O君は本当に僕を気に入ってくれていたはずなのに、なぜそれを信じることができなかったんだろう?

本当に通じ合える相手を、間柄を、
自分の弱さで台無しにすることほどもったいないことはない。
あれから12年。
いまも自信はたいしてないけれど、
弱い自分を自覚して、打ち負かし、通じ合える相手をこれからはとことん信じていこう。
サザンを聴きながら、そんなことを今日思いました。

http://jp.youtube.com/watch?v=dBPWWpcxdNU&NR=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW終了

Sn340022_6      

行徳には「パチンコ東西線」というパチンコ屋がありました。
例の事件といい、このネーミングセンスといい、
やはり人をどうかさせてしまう「磁場」的なものがある可能性は否めません。

そういえば去年のGWもK君とぶらぶらしておりました。
変わったことといえば僕が無職に・・・否、
暇人(ひまんちゅ)になったことぐらいでしょうか。
去年は何をしてたんだろう?飲みに行ったりとか、
あと中古CD屋のぱらぱらある神保町で安めのCDを漁ったり、
まあ行き当たりばったり、まったりすごしておりました。
当時29歳、輝ける青春の20代、最後となるGWに
「ぶらぶらする」という荒技をやってのける我々は
もし“神”的な輩に「お前らは何のために東京に来たんだ?」と迫られていたら
もごもごする以外何もできなかったでしょう。
そんなこんなで自分達の無計画性を棚にあげ「ものたりんなー」とか思いながら
まったく書生タイプじゃない二人が神保町でぶらぶらしていると、
突如聴こえてきたのが
「今日はXXXXさんに一日署長としてお越しいただいております」のアナウンス。
みれば、よくアイドルがやっている「一日署長」のパレードらしき行列が
近づいてくるではありませんか。
名前がよく聴こえませんでしたが、
煮詰まっているこの際、アイドルの好き嫌いなんて関係ありません。
「アイドルなら誰でもいい」──
まさに「やれるなら誰でもいい」とサークルの女子を物色するモテない大学1年生の男子のようにがっついて、走って近づいて行きました。
下はそのときのアイドル「舞ちゃん」です。

070430_14350001_3   

おまけ→ http://jp.youtube.com/watch?v=nWGlOg2zb5g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達?

Sn340023_2

先日高校の友達、K君と久しぶりに遊びました。
K君がDSの新しい型のものを買うので売りたいとのこと。
いくら?と聞いたら、
本体11,000円、ソフト4,000円、メモリーカード2,000円(+800本分のデータ)
しめて17,000円のところを、9,000円だといいます。
「友達価格」という言葉を知らないのか、
育ちが「アレ」なのか、どっちだろう?と愕然としていると、
「じゃあ8,000円」というK君。
太鼓の達人のストーリーモードは予想以上に面白かったのですが、
暇人(ひまんちゅ)の私にはどちらにしろキツいため、やめました。

今日は「CDコンポ」を売ってくれるというので
市橋達也シティーであるところの行徳まで取りにいきました。
私の薦めで某ラジオ番組を好きになったK君が
MP3録音するために買ったものだったのですが、
例の事件の影響なのか(たぶんちがう)、ラジオの入りが悪く、
置き物状態になってしまっているとのことでした。
値段は「価格.COM」で確認したところ最安値で26,500円、最高値で37,700円。
とりあえず30,000円としておきましょう。
これを10分の1である3,000円で売ってくれるとのこと。
KENWOOD製だし、悪くない話です。
結局運ぶ為のキャリーバッグが1,000円、地元から行徳までの往復電車賃860円、
合計1,860円の経費がありましたが、それでも4,860円なのでまあ悪くはありません。
持ち帰ってみてみたら、AMラジオのアンテナにFMラジオのコードをつなげたうえで
コンポにぶっ刺すというめちゃくちゃな配線になっていました。
そりゃあ入りも悪いに決まっています。
ざまあみろ、です。

勢いで社内報的なイラストも入れてみます。

U16353474_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子だもの

本がいい加減疲れたので音楽を聴き出しました。
以下、最近のお気に入り10曲です。

MUSIC/RAM RIDER
http://listen.jp/store/artword_1168932_47139.htm
http://jp.youtube.com/watch?v=qNLCm6zbKZE

愛に来て/斉藤和義
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND57364/index.html
http://jp.youtube.com/watch?v=RZkwR6-Nups

Perfume - シークレットシークレット
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND63668/index.html
http://jp.youtube.com/watch?v=JDcTU_ebDFI

笑顔の未来へ/エレファントカシマシ
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND59138/index.html
http://jp.youtube.com/watch?v=juHy37beo3w

魔法/サニーデイサービス
http://kobe.cool.ne.jp/kkman/sad03.htm
http://jp.youtube.com/watch?v=tvRh2muOuuw

お化けのロック/郷ひろみ&樹木希林
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B14889
http://jp.youtube.com/watch?v=m5SRruNEqiE

アンバランス/KICK THE CAN KREW
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND16106/index.html
http://jp.youtube.com/watch?v=yKTw_2Ew5pM

今度君に会ったら/KAN(下ではaikoがカバー)
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND52142/index.html
http://jp.youtube.com/watch?v=nxcFPfvHodw&feature=related

永遠/KAN
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND41002/index.html
http://jp.youtube.com/watch?v=Hoi6V5RNzyE

真夏の果実/サザンオールスターズ(桑田弾き語り)
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=35869
http://jp.youtube.com/watch?v=OwZXxbHHWeM&feature=related

好きな音楽を薦めようとするのって、ちょっと「男子」っぽくないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小説「おなもみ」 【連載第一回】